インク代を安くする方法に関して

互換インクをやすく購入できるお店

純正品のインクを高く感じるなら互換品の購入を

わざわざ純正品を購入する必要はない

印刷するためにcanonのプリンターを使っているのなら、購入したときに付属してきたのは、メーカーの純正インクのはずです。そのため、プリンターのインクがなくなった場合は、まったく同じ、純正品として販売されているインクを購入しようと考えるかもしれません。確かに、それは間違っていない方法なのですが、販売されている値段を見て高すぎると感じた場合もあるでしょう。canonのプリンターは安いものになると1万円弱で購入できるのに、インク代に3000円から5000円もかかるのでは、高いと感じて当然です。もしも、プリンターのインク代を安くしたいと考えているのなら、純正品を購入するのではなく、代替品を購入することも視野に入れましょう。

代替品はcanonとは、まったく関係のない会社が製造・販売している製品です。そのため、初めて購入する方は、本当に装着できるのか不安に感じてしまう場合もあるでしょう。しかし、純正品と同じサイズで作られているので、問題なく装着することが可能です。ただし、プリンターの型番よって、利用すべき代替品は異なるため、間違って購入しないようにしましょう。間違って購入した場合は、当然のことながら取り付けられないので、節約のために買った代替品が無駄になってしまいます。なお、中身のインクは純正品とは少し異なる場合があるので、写真などをフルカラー印刷するときは注意が必要です。会社の資料など、それほどカラーを使わない印刷物ならば、ほとんど気にならないので安心しましょう。もしも、不安に感じるのなら、ハイクオリティの代替品の購入を考えたほうがよいです。少し値段が高くなりますが、フルカラーでも安心のクオリティなので、安心して利用できるでしょう。

オンラインショップで購入しよう

『純正品ではなくて、代替品でもよい』と考えて、家電量販店を訪れても、代替品のインクが購入できない可能性があります。canonほどの有名メーカーならば、販売している可能性もありますが、無駄足になる可能性もあるのでオンラインショップで購入したほうがよいでしょう。オンラインショップなら、まず間違いなく販売されていますし、家電量販店よりも安い価格で売っていることも多いです。もしも、プリンターに適合する代替品のインクが分からないのなら、メールで尋ねてみるとよいでしょう。プリンターの型番を伝えれば、それに合った製品を教えてくれるので、間違わずに購入できるようになります。

人気記事ランキング