トップ / 葬儀から感じることとは

葬儀から感じることとは

暗いイメージの葬儀

葬祭

葬祭と葬儀の企業努力

葬儀という言葉から、連想することは悲しい場面です。涙を流し別れを惜しみ、これまでの故人の冥福を祈ることです。葬儀会場へ入り、悲しいから惜別の感情とさまざまな感情が交錯します。葬祭業界の工夫や祭壇の飾りを目のあたりにし、悲しみから共鳴の気持ちが生まれます。外資系企業による参入で、これまで以上の工夫や宗教の意義を知ります。暗いイメージから、明日へ、絆を継ぐ責任を感じ、人との出会いと別れの原点を知ります。愛情が湧き、恩を悟り死を悟ります。天を仰ぎ別れることができます。涙が、感情の大切さを気付かせ、人生を生きることの尊さを知ります。

葬祭業界の動向について

現在の葬祭業界では、金額や内容に不明瞭な点があるとされています。そのため、思ったより金額がかかって葬儀自体が大変だったという声が聞かれます。そこで最近では、外資系企業が参入して明瞭な会計システムで人気を集めるようになっています。なぜ人気があるかというと、家族葬のように小規模な葬儀を進めて欲しいというニーズが増えています。そこである外資系企業では、アメリカでの金額の問題点解決につながった、シンプルでわかりやすい会計の仕組み、と最近の日本の葬式の傾向を踏まえたで、多くの方から安心感と信頼を集めています。そのため、しっかりした料金体系と安心できる葬祭の進め方で今後の業界の傾向を現しているといえます。

葬儀に形式に関しての情報

↑PAGE TOP