トップ / 葬儀を自分でプランニング

葬儀を自分でプランニング

新しいスタイルの葬儀

葬祭

最近の葬儀事情について

以前の葬儀は、たくさんの親戚や近所の方、友人、知人にたくさん参列してもらい厳粛に執り行うものでしたが、最近ではスタイルも変わり、故人の好きだった音楽や動画、写真などをたくさん飾るものも多いようです。自分の葬儀をどのようにして行うかを自分で決めておいたり、亡くなったことを知らせてほしい人を書き残しておいたりと、自分でエンディングプランを考える人が多くなってきています。核家族化などもあり、自分の死後、できるだけ子どもたちや親戚に迷惑をかけたくないと考える人が増えてきているからです。

学生が葬儀に参列する場合

学校の先生や親族さらには親の知り合いなどがなくなった時に、学生であっても葬儀に参列する機会があります。では、その際にどんな服装で参列すればいいのでしょうか。やはり同じように黒い服装が望ましいでしょう。もし、制服のある学校に通っているのであれば、学生服で行くとよいでしょう。しかし、制服がない学校の場合には、男の子であれば上は白いブラウス下は黒いズボンが望ましいでしょう。そして女の子であれば、上は白いブラウスに下は黒のスカートが望ましいでしょう。ぜひ、学生であっても葬儀にはきちんとして行きましょう。

葬儀に形式に関しての情報

↑PAGE TOP